アストラ製ワクチンの使用、当面見送り 厚労省、血栓の副反応懸念で

 3社の新型コロナワクチンの特徴
 3社の新型コロナワクチンの特徴
厚生労働省は21日、米モデルナ製と英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを正式に特例承認した。アストラゼネカ製は当面、無料で打てる公費接種の対象外とし、使用を見送る。海外で極めてまれだが、血小板減少を伴う血栓が生じる副反応が報告され.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録