「東京五輪・パラ中止」世論の6割 関係者は焦燥感

 東京五輪の開催可否を巡る立場
 東京五輪の開催可否を巡る立場
東京五輪・パラリンピックを巡り、共同通信社が15、16両日に実施した全国電話世論調査で中止を求めた人の割合が59・7%に達した。五輪開幕まで2カ月余り。大会開催による新型コロナウイルスの感染拡大や医療体制圧迫への不安は根強く、関係者は焦燥感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録