【青銀、みち銀経営統合】生き残りへ“窮余の策” 問われる顧客本位

青森銀行とみちのく銀行を巡る動き
青森銀行とみちのく銀行を巡る動き
半世紀以上、顧客獲得にしのぎを削ってきた青森銀行とみちのく銀行は、地域経済が縮小する中、競争によるこれ以上の体力の消耗戦を回避し、手を取り合うことで生き残る道を選択した。貸出金のシェアで青森県内トップの青銀でさえ、減収傾向が止まらない。一方.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録