ナマコ密漁、空から監視へ 国内初、ドローン本格運用/野辺地町漁協

野辺地漁港から飛び立つ密漁監視用のドローン=16日、野辺地町
野辺地漁港から飛び立つ密漁監視用のドローン=16日、野辺地町
ナマコなどの海産資源の密漁を防ぐため、野辺地町漁協(山縣勝彦組合長)は本年度、無人機ドローンを活用した「密漁監視システム」の運用を始める。ドローンには高精度の赤外線カメラを搭載しており、夜間でも撮影が可能。人工知能(AI)で瞬時に映像を判別.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録