牛の分娩兆候を自動通知 北里大など開発

インターネットで牛の状態を確認できる分娩検知システム「牛わか」のサンプル画面(鍋西久准教授提供)
インターネットで牛の状態を確認できる分娩検知システム「牛わか」のサンプル画面(鍋西久准教授提供)
北里大獣医学部(十和田市)の動物飼育管理学研究室などが、画像認識の人工知能(AI)で牛の分娩(ぶんべん)兆候を検出し、農家に自動で通知するシステムを開発した。農家の分娩監視に係る労力が軽減され、分娩時期の特定により事故の低減も期待できるとい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録