【公選法違反事件】河井元法相、熱弁に涙も 現金「仲間つくるため」

 被告人質問での河井克行元法相の主な発言
 被告人質問での河井克行元法相の主な発言
2019年の参院選広島選挙区を巡り、公選法違反罪に問われた元法相の前衆院議員河井克行被告(58)が東京地裁の公判で無罪主張を覆し、買収を認めた。謝罪して政界引退を表明したが、地元議員らに現金を配ったのは「広島政界での孤立を解消し、仲間をつく.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録