外崎が骨折の左脚手術 五輪出場厳しく

西武は12日、外崎修汰内野手(弘前実高出)が6日に東京都内の病院で左腓骨(ひこつ)骨折に対する固定術を受けたと発表した。3カ月以内での実戦復帰を目指すことになり、東京五輪出場は厳しい状況となった。3日のソフトバンク戦で左足首付近に投球を受け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録