【連載・お帰り 池江璃花子】(下)100メートル自由形に自信 複数種目の五輪切符も十分可能

 競泳の北島康介杯女子100メートル自由形決勝で力泳する池江璃花子。55秒35のタイムで4位に入った=1月、東京辰巳国際水泳場
 競泳の北島康介杯女子100メートル自由形決勝で力泳する池江璃花子。55秒35のタイムで4位に入った=1月、東京辰巳国際水泳場
池江璃花子(ルネサンス)が競泳の日本選手権開幕前に「どこまでタイムを上げられるか、楽しみがものすごく大きい」と心待ちにしていたのが、7日に予選がある女子100メートル自由形だ。白血病からの復帰後、重点的に練習した種目で、4日に400メートル.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録