【首都圏のコロナ変異株、拡大懸念】全国に波及、再宣言リスク 政府は検査強化

 首都圏の1週間平均の新規感染者数
 首都圏の1週間平均の新規感染者数
新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言解除から2週間が過ぎた首都圏で、感染再拡大の懸念が強まっている。最大の不安要素は感染力が強いとされる英国由来の変異株。首都圏で大阪府や兵庫県レベルの流行が起きれば、全国に波及する可能性が高い。最初の宣言発.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録