【八戸教育保育施設クラスター】早期発見の難しさ浮き彫り 施設や保護者の連携不可欠

八戸市の教育保育施設クラスター(感染者集団)は、6日に新たに確認された11人を加え、計21人に拡大した。市内の各教育保育施設では、手指消毒や1日数回の検温といった感染予防策を徹底してきた。一方、今回のクラスターは無症状の患者がほとんどで、感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録