【聖火リレー縮小の動き】都市部で目立つ「密」 ゴールまでつなげるか懸念も

 東京五輪聖火リレーのコロナ対応
 東京五輪聖火リレーのコロナ対応
島根県知事が中止を検討していた東京五輪聖火リレーは6日、ランナーの前を走るスポンサー車両の音量を制限する条件付きで、同県でも予定通り実施される方向となった。だが、3月25日のスタート以降、都市部は多くの観客が集まる「密」の場面が目立ち、大阪.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録