時評(4月1日)

2021年度予算が成立し、通常国会は重要法案の審議を軸とする後半戦に入った。 菅内閣の看板政策であるデジタル改革の関連法案は、デジタル庁創設を柱にマイナンバーと金融機関口座のひも付けも含まれる。与党は4月中の成立を目指しているが、立憲民主党.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録