【北奥羽のクマ事情】(9・完)敬意持ち、自然と接して

樹上のツキノワグマ=2020年9月、十和田市宇樽部地区
樹上のツキノワグマ=2020年9月、十和田市宇樽部地区
北東北3県にまたがるこの北奥羽地方には、大型の哺乳類であるニホンツキノワグマのいる山や、クマのすめる環境がまだ残っています。これはとても貴重なことだと思います。しかし、前回のアラスカや知床などと比べると、結構ぎりぎりのところで残っている状態.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録