「質の高い申請書を」RFSに苦言/規制委、設工認審査始まる

テレビ会議システムを使って審査に当たる原子力規制委員会の審査チーム(左側)=23日、東京都内
テレビ会議システムを使って審査に当たる原子力規制委員会の審査チーム(左側)=23日、東京都内
原子力規制委員会は23日、昨年11月に新規制基準適合への審査に合格した使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)について、安全対策工事の着手に必要な詳細設計認可(設工認)の審査会合を初めて開いた。規制委側は、リサイクル燃料貯蔵(RFS)の申請書類.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録