時評(3月21日)

今年1月から8回にわたって、毎週月曜日の本紙くらし面で、伝統工芸・南部菱刺しの今とこれからを見詰める「北国に咲く菱の花」を連載した。江戸時代の農民が防寒のため手作業で布の目を刺しゅうで埋めたことから始まり、200年以上の伝統を持つとされる。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録