むつ核燃新税減免協議 市議会、事業者の招致検討

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の燃料に課税する市条例を巡り、市と特定納税義務者となるリサイクル燃料貯蔵(RFS)の減免協議が行き詰まっていることを受け、19日の市議会特別委員会で、大瀧次男委員がRFSと親会社の東京電力ホールディングスを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録