飛距離低下?でも大谷は柵越え連発 大リーグ低反発球の評価

 3日、レンジャーズ戦で2ランを放つエンゼルス・大谷=テンピ(球団提供・共同)
 3日、レンジャーズ戦で2ランを放つエンゼルス・大谷=テンピ(球団提供・共同)
米大リーグでは、今季の公式戦で導入する「低反発球」がオープン戦で試されている。エンゼルスの大谷が特大の本塁打を連発するなど、ここまでは明らかな影響が見られていないものの、飛距離低下の指摘もある。 米メディアによると、低反発球の大きさは従来と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録