【東海第2原発差し止め判決】「最後のとりで」避難計画に穴

 国内の原発と30キロ圏の人口
 国内の原発と30キロ圏の人口
日本原子力発電東海第2原発の運転差し止めを言い渡した18日の水戸地裁判決は、事故から住民を守る最後のとりでとなる避難計画の欠陥を指摘した。計画策定が難航する原発は多く、責任を背負わされた形の自治体は苦慮する。東京電力福島第1原発事故から10.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録