再処理23年度開始 再処理機構が中期計画公表

使用済み核燃料の再処理事業を担う国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は16日、実施中期計画を公表した。事業委託先の日本原燃が昨年12月に示した暫定の操業計画などに基づき、2023年度から再処理を開始すると明示した。 中期計画は再処.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録