松くい虫対策で枯死木を自動識別 青森県がシステム構築へ

青森県南地方の松くい虫対策について協議した会合=12日、八戸市
青森県南地方の松くい虫対策について協議した会合=12日、八戸市
青森県は12日、松くい虫被害の対策として、2021年度に空中写真からアカマツ枯死木を自動識別する解析システムの構築に取り組む考えを示した。地元の大学などと連携し、枯死木調査の効率化・高精度化を図る。 同日、八戸市内で開かれた三八地区松くい虫.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録