六ケ所村観光協会がドレッシング3種開発 六旬館で販売、看板商品化へ

六ケ所村観光協会が開発した「六ケ所村オリジナルドレッシング」
六ケ所村観光協会が開発した「六ケ所村オリジナルドレッシング」
六ケ所村観光協会(及川次夫会長)は、村特産品のナガイモ、ゴボウ、ブルーベリーを使用したドレッシング3種を開発した。村のお土産品の看板となることを目指しており、担当者は「多くの人に味わってほしい」とアピールしている。村の特産品販売所「六旬館」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録