時評(3月2日)

政府は少年法改正案を国会に提出した。事件を起こした18、19歳を「特定少年」として厳罰化を図ることを目的としている。健全育成の理念を基本とする少年法制下で少年の非行は目立って減少しているが、改正法案はその理念を覆しかねない問題点を含んでおり.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録