【バイデン政権の対中政策】要職に強硬派配置 気候対策でバランス苦慮

 バイデン米政権の中国・アジア専門家の主な対中発言(写真はゲッティなど)
 バイデン米政権の中国・アジア専門家の主な対中発言(写真はゲッティなど)
バイデン米政権がアジア、中国政策を担う要職に対中強硬派と目される専門家を配置している。中国に批判的な世論を意識し、トランプ前政権の対決姿勢から融和に転じるとの懸念の払拭(ふっしょく)を図る。ただ、外交・安全保障の柱に据えた気候変動対策では、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録