時評(2月6日)

バイデン米大統領が外交方針演説で「同盟関係を修復し、世界に再び関与していく」と宣言したことを支持したい。同盟国を軽視したトランプ前政権の米第一主義と決別し、国際舞台で指導力を発揮していく姿勢を改めて打ち出したからだ。 特にバイデン氏が「最も.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら