Free朝のニュースダイジェスト(2月6日)

【下北ジオパーク再認定】
 下北地域5市町村の18エリアで構成する「下北ジオパーク」が5日、日本ジオパークに再認定された。むつ市役所で結果報告会が開かれた。

【北極域研究船を新造へ】
 海洋研究開発機構(JAMSTEC)が、北極海周辺の北極域の海洋調査や気象観測に当たる「北極域研究船」の新造計画を進めている。

【種差海岸に多数のモグラ塚】
 暦の上では春を迎え、雪解けが進む八戸市の種差天然芝生地では、モグラの活動が活発だ。5日、地表付近にトンネルを掘る際にできる「モグラ塚」があちこちで見られた。

【東通牛ブランド化へ推進協】
 東通牛の生産・販売体制の強化を図ろうと、東通村の関係機関は5日、官民一体の「村内一貫体制推進協議会」を設立したことを明らかにした。

【三沢ほっきまつり中止】
 三沢市は5日、3月中旬に三沢漁港で開催が予定されていた「三沢ほっきまつり」の中止が決まったと発表した。