天鐘(1月30日)

独国の技師オットー・リリエンタールは、鳥の翼そっくりのグライダーを背負い、空を飛ぼうと試みた。小高い丘から飛行に挑戦したが、1896年に墜落死。この“鳥人間”の挑戦が後の飛行機の開発に繋(つな)がった▼蒸気機関車や蒸気船の時代だったが、科学.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら