新貝へい死25%で平年超え/陸奥湾ホタテガイ

青森県は1日、2020年度秋季陸奥湾養殖ホタテガイ実態調査の結果を発表した。新貝のへい死率は25・0%(平年値14・6%)、貝殻の欠けや内面着色などを含む異常貝率は14・7%(7・3%)と共に平年を上回り、保有枚数が1億37万枚と生産維持に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら