サケとば作りに挑戦 硬い骨や皮に悪戦苦闘/種市中2年生

漁協組合員の指導を受けて包丁を使う生徒
漁協組合員の指導を受けて包丁を使う生徒
洋野町立種市中(松岡聡校長)の2年生59人は11月30日、町内の宿戸漁港荷さばき場で、サケとば作りの体験会を開催し、生徒が慣れない包丁仕事に挑戦して漁業や水産物加工に理解を深めた。 統合前の旧宿戸中で恒例だった行事を種市中が引き継ぐ形で実施.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら