「元気が出た」三沢市産豚肉を給食で満喫 市内12小中学校

地元産の豚肉を味わう生徒たち
地元産の豚肉を味わう生徒たち
三沢市学校給食センターは11月27日、市内12小中学校で、同市産の豚肉を使った「こだわりポーク丼」を学校給食として提供した。市立第三中(松木信嘉校長)では、この日の豚肉を市に寄贈した食肉大手のスターゼン(東京)のグループ会社、スターゼンミー.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら