天鐘(11月24日)

熊五郎は腕利きの大工だが、無類の大酒飲み。夜遊びが過ぎて、妻子に愛想を尽かされてしまう。独り身になったことを悔いて酒を断つ。仕事に励んで立派な棟梁(とうりょう)に。息子の手引きで夫婦はよりを戻し、幸せに暮らす▼人情噺(ばなし)の「子別れ」は.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら