Free朝のニュースダイジェスト(11月14日)

【県内初の地域医療連携推進法人設立へ】
 十和田市立中央病院と三沢市立三沢病院は13日、来年4月に青森県内初の地域医療連携推進法人「上十三まるごとネット」を設立する方針を明らかにした。

【短歌甲子園決勝に八戸の2校】
 第15回全国高校短歌大会「短歌甲子園2020」(実行委員会主催)の決勝に、青森県立八戸高と県立八戸西高の進出が決まった。

【三沢中心街を電飾で彩る】
 三沢市中心街の冬の夜をきらびやかに彩る「ミサワパンタシア」が13日、同市中央町2丁目のなかよし公園で始まった。

【米軍三沢の関係者1人感染】
 米軍三沢基地は13日、基地関係者1人から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。感染者は女性とみられ、配偶者と共に民間航空機で入国した。

【今季最多のサバ1000トン超】
 盛漁期を迎えた八戸港で13日、大中型巻き網船団の運搬船33隻が今季最多となるサバ1123トンを水揚げした。