小中学生の修学旅行に暗い影 コロナで教育現場も対応苦慮/青森県内

新型コロナウイルスの感染拡大が修学旅行に影を落としている(写真はイメージ。左上から時計回りに東北新幹線、奥入瀬渓流、久慈市での教育旅行の様子、青森市の三内丸山遺跡)
新型コロナウイルスの感染拡大が修学旅行に影を落としている(写真はイメージ。左上から時計回りに東北新幹線、奥入瀬渓流、久慈市での教育旅行の様子、青森市の三内丸山遺跡)
全国的に感染拡大が続く新型コロナウイルスが、青森県内の小中学生の修学旅行に暗い影を落としている。「家族が県外へ出たら、2週間は自宅待機」などの職場ルールがある保護者らが、子どもの旅行参加を見送るケースが出ているほか、最近では弘前市の飲食店で.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら