世界遺産の白神山地でナラ枯れ初確認

白神山地の世界遺産地域で初確認されたナラ枯れの被害木(津軽森林管理署提供)
白神山地の世界遺産地域で初確認されたナラ枯れの被害木(津軽森林管理署提供)
東北森林管理局津軽森林管理署(弘前市)は23日、青森県と秋田県にまたがる白神山地の世界自然遺産地域で、ナラ枯れの被害が初めて確認されたと発表した。被害木は鯵ケ沢町、深浦町、西目屋村のミズナラ計7本。 世界自然遺産地域の調査は9~10月に実施.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら