天鐘(10月21日)

「辱知(じょくち)(知り合いの意)猫儀久々病気の処(ところ)、療養相叶(かな)わず、昨夜(中略)逝去致し候」。夏目漱石の処女作『吾輩は猫である』の主人公「猫」の逝去を知らせる死亡通知だ。漱石が葉書にわざわざ黒い枠を塗り、友人知人に送った▼有.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら