設工認申請12月に先送り 原燃方針に規制委「間に合うと思えない」と批判

日本原燃は20日、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の安全対策工事に向けた詳細設計の認可(設工認)審査について、原子力規制委員会に申請する時期を当初予定した10月から12月に先送りする方針を示した。申請対象設備の選定といった前段階の作業が.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら