青森市が市営バス運転手を戒告処分/出勤点呼時に酒気帯び

青森市は20日、市営バス運転業務前の呼気検査でアルコールを検出したとして、市交通部営業所の60代男性運転士を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。 市の自動車乗務員服務規程では「酒気を帯びて出勤しないこと」としている。市交通部管理課.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら