天鐘(10月14日)

旅の達人と言われるノンフィクション作家の沢木耕太郞さんは16歳のときの鉄道旅で心に残る体験をする。お金がなく、北上駅の待合室で毛布をかぶり一晩過ごしたときのことだ▼夜中に、ふと目が覚めると、ホームレス風の男が近寄ってくる気配。2人の他には誰.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら