グローバルGAP認証審査始まる/下北ワイン用のブドウ

生産工程管理の取り組みを審査会社の担当者(手前)に説明するエムケイヴィンヤードの関係者=1日、むつ市川内公民館
生産工程管理の取り組みを審査会社の担当者(手前)に説明するエムケイヴィンヤードの関係者=1日、むつ市川内公民館
ワイン用ブドウを栽培するむつ市川内町の「エムケイヴィンヤード」(北村良久代表)で1日、農産物の安全管理に関する基準を定めた国際規格「グローバルGAP」の認証審査が始まった。ブドウで取得すると東北地方初となり、世界基準の“お墨付き”による商品.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら