審査やり直し求め 規制委に要請文 核燃料廃棄物搬入阻止実行委

使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)が原子力規制委員会の審査に事実上合格したことを受け、核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会(古村一雄代表)は14日、原子力規制庁青森事務所に対し、審査のやり直しを求める要請文を提出した。要請文では「使用済み燃料の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら