新型コロナ感染者情報の公表、東北6県で対応分かれる

新型コロナウイルスの感染者情報の公表を巡り、東北6県で対応が分かれている。青森、福島は国の指針に基づき個人情報保護の観点から、感染者の職業を明かしてない。一方、岩手は「県民の不安をあおらず、風評被害を防ぐため」と市町村名や職業を公表している.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら