柔軟な視点を感じて 八工大生、リレー形式で個展

光と影を使い「見え方の変化」を表現した髙橋祐賢さん
光と影を使い「見え方の変化」を表現した髙橋祐賢さん
八戸工業大が取り組む、八戸市内丸1丁目の空き家を活用した「空き家リノベーションプロジェクト(通称・アキヤプ)」の一環として、同大感性デザイン学部創生デザイン学科4年生によるリレー形式の個展が12日、スタートした。第1弾は、高橋祐賢さんが「展.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら