コロナで密集避け山へ? 遭難が過去20年で最多/青森県内

今年4~8月ごろの山菜採りによる青森県内の遭難の発生件数と遭難者数が過去20年間で最多だったことが11日、県のまとめで分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で、密集となりにくい山へ入る人が増えたことが要因となった可能性がある。県庁で開かれた.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら