【大間原発工事延期】「またか」疲弊、落胆の地元経済関係者

大間原発の安全対策工事開始時期の見直しを説明する倉田一秀大間現地本部長(中央)=10日、大間町役場
大間原発の安全対策工事開始時期の見直しを説明する倉田一秀大間現地本部長(中央)=10日、大間町役場
「またか、という思い。工事を当てにしたいけど、当てにならない」 電源開発(Jパワー)が大間原発の安全対策工事開始時期を2年延期したことに、町内で宿泊施設を営む工藤潮一さん(59)は落胆の色を見せた。 経営する宿泊施設の一つ「みちのくホテル大.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら