日本遺産認定を記念 漆のぼり旗設置/浄法寺小児童

日本遺産認定を記念し<br>、のぼり旗を設置する児童
日本遺産認定を記念し
、のぼり旗を設置する児童
二戸市浄法寺町で受け継がれてきた漆文化が日本遺産に認定されたことを受け、市立浄法寺小(菅原佳子校長)の5年生23人は4日、同校前の市道沿いに児童のメッセージを書いた「漆のぼり旗」を設置した。 来訪者へのPRや地域活性化につなげるのが目的。同.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録