【中間貯蔵施設】審査合格、市など「大きな前進」 反核燃団体は永久貯蔵懸念

リサイクル燃料貯蔵(RFS)の使用済み核燃料中間貯蔵施設が2日、原子力規制委員会の審査に事実上合格したことについて、施設が立地するむつ市やむつ商工会議所は「操業に向けた大きな前進」と歓迎した。一方、原子力に反対する市民団体からは核燃料サイク.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら