新郷村に「博愛号」配置/日赤県支部

工藤順巳副支部長(左)からレプリカキーを受け取る櫻井雅洋分区長
工藤順巳副支部長(左)からレプリカキーを受け取る櫻井雅洋分区長
災害発生時の物品や人員の搬送などに役立ててもらおうと、日本赤十字社青森県支部(支部長・三村申吾知事)は25日、新郷村に赤十字救援車「博愛号」を配置した。 同支部では、博愛号配備に向けた自治体への補助事業を毎年行っており、今年は新郷村のほか、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら