「早く大きくなって」佐井小児童がヒラメ稚魚放流

ヒラメの稚魚を放流する児童
ヒラメの稚魚を放流する児童
佐井村立佐井小(二本栁卓(たかし)校長)の1~3年生18人が25日、佐井漁港でヒラメの稚魚の放流を体験した。 同村漁協は、青森県栽培漁業振興会(階上町)が育てた稚魚の放流を1990年から実施している。 この日は、体長5~6センチに成長した生.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら