農業体験民泊、年度内受け入れ中止 コロナ受け「苦渋の判断」/三八地方農業観光振興協

生徒や受け入れ農家の安全を考慮し、中止が決まった農業体験民泊(コラージュ、上は2017年の南部町、下は2018年の三戸町の様子)
生徒や受け入れ農家の安全を考慮し、中止が決まった農業体験民泊(コラージュ、上は2017年の南部町、下は2018年の三戸町の様子)
新型コロナウイルス感染拡大を受け、三八地方農業観光振興協議会(会長・工藤祐直南部町長)が、2020年度内の農業体験民泊の受け入れ中止を決定したことが28日、分かった。消毒液の準備やガイドライン作成などの感染防止対策を練ってきたが、「高齢者の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら