天鐘(8月15日)

うれしかった。死ななくていい。生きて行ける―この軽い言葉が一番ふさわしかった。ポツダム宣言の受諾を報じる玉音放送が流れた75年前の今日、14歳の野坂昭如(あきゆき)(直木賞作家)少年が抱いた嘘偽りのない心情だった▼大佛(おさらぎ)次郎、永井.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら