天鐘(8月12日)

「ウオッカを飲めば消毒できる」など、新型コロナウイルスの脅威を軽んじる発言を繰り返していたベラルーシのルカシェンコ大統領が6選を決めた。世界が危惧する“放置政策”はさらに続くことになりそうだ▼ルカシェンコ氏はソ連崩壊後、5期26年にわたり大.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら